2014年8月 のアーカイブ

福島県浪江町震災復興支援活動へ 8月4日~5日

2014年8月8日 金曜日

前日までの横浜生麦杉山神社夏の例大祭を終え、新幹線で福島に入りました。

福島駅で福井・石川の青年神職を乗せた車が迎えに着ておりました。

いざ福島県浪江町警戒区域解除地区諏訪神社へ。

 

 

新潟・富山・石川・福井・福島の青年神職の福島と北陸の復興支援合同チーム(計32名)が浪江町に入りました。

 

 

 

【拝殿正面】

震災と福島第一原発放射能漏れ事故以来諏訪神社は倒壊したままの姿です。

 

【本殿】宮司さんと総代さんの御神体を安らかにお祀りできる仮の昇社殿をとにかく奉建させたいという想いで、今回崩れている本殿の解体作業に臨みました。

 

いざ、各自持ち得たハンマーやチェンソー、バール、草刈り機を使用し、本殿解体作業班は、何十回と復興支援活動の現地入りを経験している富山県神道青年会を筆頭に石川神青・福井神青・福島神青が作業にあたり、参道整備班は、新潟神青と福島神青で山の奥地に位置する社殿から100㍍強ある参道と40段以上ある階段付近を草刈り機4台での除草と鬱蒼としている細竹を取り除いていきました。

 

 

 

 

 

【平らになった本殿神座】倒壊本殿解体から4時間後、本殿の土台がきれいになり、参道も人が普通にお参りできるようなすっきりした状態になりました。

社殿の方は、今後賠償の問題もあるのでそのままにして欲しいと総代さんの申し出により、現状のままに。

神様を奉鎮する仮の本殿が建てられる場所ができたことを、宮司さんや総代さんはとても喜んでおられました。

総代さんは当初、こんな作業したってなにもならない!と苛立ちをあらわしておられましたが、青年神職の活動と自分たちがお護りしていたお社がきれいになっていく姿に最後は笑顔隠せない表情で“ありがとう!”と言葉を残されました。

神社をきれいにしてもなにもならない・・・一般的にはそう解釈されるかもしれませんが、100年300年1,000年と昔から色々な地で祭りやお参りを通し日本の心のよりどころである神社を、先ず誠のかたちにもどす事がどんな意味をもたらすか、私たち神職は理解しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津波を受け基礎だけになってしまった海岸よりの神社、ここは社殿、宮司さんや宮司さんの奥さん、禰宜さんと禰宜さんの奥さんが亡くなられた神社です。お子さんだけが生還し、お子さんの意志で現在神職の資格を取得されたとの事です。

 

 

 

 

 

 

 

【初發神社参道】

 

【初發神社社務所前広場での解散式】

 

【解散式あたり、福島県神道青年会 田村副会長挨拶】警戒区域解除地区の初發神社の宮司さん

ここら一帯は未だゴーストタウン状態です。津波をうけた原発の被害をうけた警戒解除地区神社で以前きれいにした初發神社のお賽銭箱に10円玉、5円玉が数個入っていたというかがいました。地域の氏子さんがお参りにこられたのですね。

いつもの生活にもどれるように、いつもの日々に、生活の心の安心とその根源に神社という役割が活きています。この先を信じるべく、復興を信じるべく、震災に遭われた慰霊が安らかにおられることを信じるべく、生きているという心の証を神様に通ずるお賽銭に意味を託すのでしょう。この深い意味を一般の方にもわかって戴きたいと願っております。

 

 

 

 

胸には「感謝」とうい文字が刻まれておりました。福島の青年神職さん皆この服をまとって復興支援に訪れる人々を迎えます。

 

・・・・福島県では、原発避難指示区域内に鎮座する二百数十社は神社としての護持が極めて難しい状況が続き、神職の就労確保も喫緊の課題となっている。意識の風化被害を食い止め、一日も早い復興実現の為にも、氏神神社の境内地の整備保全に取り組み、帰宅希望者が安心して日々の祈りを捧げられる場所を確保する事が求められている。
 去る六月五日、福島県神道青年会創立六十五周年記念式典が行われ、大森幹久会長は「真の復興へ向け、何十年もかかる先の見えない活動になる。時には心が折れそうになるが、全国の青年神職の励ましを胸に全力で闘い抜く。」と力強く宣言された。 此の上は、復興に向けて立ち向かう仲間を助け、一日も早くお参りが出来る環境を整え、少しでも被災者の心に寄り添えるよう、神職ならではの事業を展開したい。

 

震災より怖いのは被災地への無神経と無関心。

 

解決する限り復興支援を続けて参ります。

金だけじゃ-どうにも解決にならん地道な取り組みを

この先何十年続いても・・・

 

 


横浜 生麦杉山神社夏祭り(禰宜さん出張お手伝い)

2014年8月7日 木曜日

國學院大學を卒業後、4年間奉職していた横浜の杉山神社の例大祭に行って参りました。

杉山神社は横浜市鶴見区生麦に鎮座し、歴史でも習った生麦事件の起きた地域でもあります。

ご祭神は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)。8月1日~3日まで夏祭りのお手伝いをしました。

宮司さんや総代さんが当時いた頃の私の人情をかって頂き、福井に帰ってきて10年経った今も

有り難くも夏のお祭りに呼んで下さいます。

 

 

 

3日の当日祭、朝8時半より御輿が宮出しされ、生麦・大黒・岸谷・鶴見中央の国道15号線(箱根駅伝鶴見中継地点付近)を練り歩きます。

 

 

 

 

 

宮出し後、130段程ある階段を担ぎ手自らの手で下ろして行きます。

 

 

 

 

 

 

【京浜急行生麦駅前商店街】ヨイサッ、ヨイサッ、と総勢50人以上の担ぎ手が御輿を揉みながら神様を町々へと繰り出していきます。

 

 

 

国道15号線の真っ只中に出てきました。

粋な威勢に圧倒されます。

 

 

 

 

 

 

国道を折り返し旧東海道に入りました。沿道には縁起を担ごうと大勢の人がおひねりを握り御輿を迎えます。ここからはおよそ4時間半掛けて旧東海道生麦を練り歩いていきます。

この時点で、装束の烏帽子をかぶっている私のおでこから下が日焼けして、仕事を終えて横浜から福井に帰るときおでこは白く、顔は黒く、まわりの異様な視線を気にしながらJRの帰路を過ごしています。汗でながれ日焼け止めが効かないのです。

 

 

 

 

【御神輿の御旅所(休憩所)でふるまわれるあさりのお味噌汁】旧東海道は昔から魚貝の宝庫でもあり、あさりの旨みと程良い塩分が疲れた身体と精神をよみがえらせます。むかーしの人の身体に善い食べ物への知恵と心が伝わって参ります。

 

 

午後5時過ぎ、宮入。

御輿責任者と担ぎ手の駆け引きが繰り返されます。

これでもかと神前に詰め寄る担ぎ手と、いやまだまだ神様をおもてなししきれていないと打ち止めの拍子木を叩こうとしないカシラと、体力と根性の末まで見極めます。

 

熱気と活気の迫力に同僚の神職もニンマリえびす顔を隠せないようです。

 

 

さー、カシラが手を広げた。

もんでから15分、最後のラストスパートです。

 

 

 

ともに奉仕をした三浦半島(三浦市  海南神社の先輩神職さんと、杉山神社奉賛会実行委員の総代さん)

 

「来年福井からハンテン着て2、3人連れてこいよ!御輿担がしてやっから(^^)」

総代さんの人情熱い一言に、なんともいえない嬉しさと力がこみ上げてきました。

 

福井も横浜に負けない祭りを・・人と地域をつくりあげてやろう!