福井 パワースポット 黒龍神社 商売繁盛 西宮恵比須神社 石渡八幡神社~平安の古より 幸せ祈願の緑の社~



Image

境内社

西宮恵比須神社

御祭神

西宮恵比須大神・事代主大神・大市媛大神

由緒・沿革

Photo

当社は、慶長六年藩祖松平秀康公越前國主として入國の際、「福・徳の守護神」であります西宮恵比須大神を下総國結城郡結城鎮座西の宮より福井城下へ勧請され、国土安穏、藩の繁栄と産業興隆を祈願して夷町に祀られたのが始まりです。

やがて慶長11年10月20日、夷町(照手中町)より足羽山、黒龍山の麓に社殿を造営して、事代主大神、大市媛大神を併せお祭りし、西宮恵比須神社と称し、國主松平家代々の祈願所となり崇敬奉祀も鄭重を極め、藩中一般必ずこの御神影を崇め奉り福を授かったのであります。

Photo

以来、明治二十五年に三百年大祭が十日間盛大に執り行われ軒々には人形が飾られ、でく(人形)まつりと呼ばれ福井の名物の祭りでありましたが、同三十三年四月十九日橋南大火にて御社殿類焼のため、毛谷黒龍神社の相殿に合祀され、昭和三十六年七月、三百五十年大祭が御開帳とともに盛大に行われ、夷町への御幸、稚児行列他各種の奉賛が行われました。

平成改元と福井市制百周年を記念し、ご社殿を復興造営し11月1日より5日間、記念大祭が斎行され、御開扉、神幸祭、稚児行列など各種の奉賛行事で賑う。

社紋

社紋 つるかしわ
つるかしわ

元靖国神社宮司 松平永芳氏 揮筆

元靖国神社宮司 松平永芳氏 揮筆 「西宮恵比須神社」

画像を拡大する

元靖国神社宮司 松平永芳氏 揮筆
「西宮恵比須神社」

金運、商売繁盛

御鎮座以来、時代が経るにつれて福徳を授ける神様、商業の繁栄を祈る神様として厚く信仰されるようになりました。
商売繁盛、福徳円満の守り神として崇敬され、毎年1/9~1/10に十日えびす祭が斎行されます。
「商売繁盛笹もってこい」と云われ、福笹、福俵を求めて大勢の参拝者で賑わい新年を彩る恒例のお祭りです。

十日えびす祭 1月9日~1月11日
例祭 7月19日、20日
秋の大祭 9月20日
商工祭 9月23日

石渡八幡神社

御祭神

応神天皇

由緒・沿革

Photo

桓武天皇御字延暦5年(1446年)越前守従三位坂上刈田麿創立勧請にて、毛矢町の鎮守社なりしも、後に家臣石渡一郎右衛門尉時秀 八幡大明神を尊信し崇敬守護せしより「石渡八幡宮」とも称され、
現在の毛矢町60番地2に建立されていたが、明治41年(1908) 神社廃合により同7月17日、毛矢町(現在の毛矢1丁目7番地あたり)より毛谷黒龍神社境内へ遷座が行われた。

社紋

社紋 左巴
左巴

例祭

春祭り 4月20日 ・秋祭り 9月20日
(黒龍神社の祭にあわせて行います)

由来

祠文碑

画像を拡大する

祠文碑

稲荷神社

Photo

越前北の庄・柴田勝家公の城内に祀られた神祠です。元和3丁巳年(1617年)に当神社境内に移遷されました。

境内図


毛谷黒龍神社〒918-8003 福井県福井市毛矢3丁目8-1 Tel:0776-36-7800