福井 パワースポット 黒龍神社 商売繁盛 西宮恵比須神社 石渡八幡神社~平安の古より 幸せ祈願の緑の社~



Image

黒龍神社のご案内

御祭神

たかおがみ くらおがみ おおとのすめらみこと

【相殿神】 聖徳太子 兼務社二十三社分霊
【境内社】 石渡八幡宮 西宮恵比須神社

由緒・沿革

Photo

男大迹王越前國御在住の時、地の理に随ひ越前国の日野、足羽、黒龍の三大河の治水工事をされ越前平野を拓かれた際に、北陸随一の大河であった黒龍川(九頭竜川)の守護と国土安穏、万民守護のため高屋郷黒龍村(舟橋)毛谷の杜にたかおがみ くらおがみの二柱の御霊を祀る「毛谷神社」が御創建されました。

元明天皇の和銅元年(708)9月20日、継体天皇の御遺徳を景仰し御霊の合祀が行われた。

後醍醐天皇の元徳元年(1329)6月1日神託により越前守参議藤原國房公が北ノ庄菩住山斎屋清水の上に(足羽山)に奉還され、元鎮座の村名を併せ「毛谷黒龍神社」と改称し、また元神社名を取り麓一帯は「毛矢町」と呼ばれ祭りは賑わい盛儀が行われた。

天地の初めから国土を守護されてきた四方位を象徴する御四柱の神の一社にて、往古より北国の鎮護神として著われ、「国土護治の神として、四國に四神座しき、東に常陸鹿島大明神、南に紀伊熊野大明神、西に安芸厳島大明神、北に越前黒龍大明神四隅を司どらしめ守護し給ふ」(絵図記)と記され日本古来の四大明神の一つとされている。

Photo

越前名蹟考 「太平記」巻20黒丸城初度軍事付足羽度々軍事に「延元3年(1338)5月2日一条ノ少将朝臣、五百余騎ニテ江守ヨリ押寄テ、黒龍(くずれい)の明神ノ前ニテ相戦フ」とある「黒龍の明神」は、当時すでに足羽山に遷座されていた毛谷黒龍神社とされる。

慶長8年1月10日(1603)越前藩祖入納言三河守源、秀康公霊験著しきを以って黒龍宮を越前松平家の祈願所とされ社地として櫻井山(黒龍山)を寄進、御社殿を造営され人々の崇敬殊に篤く奉祀も郷重を極め神威日々に輝いた。

元禄3年5月(1609)松平吉品公国家の安泰と武運長久を祈願され神殿を山上(今日の藤島神社々地)を造営され、松平家代々の諸種の献納あり。

その後、明治8年12月10日(1875)現今の地へ社殿の移築が行われ敦賀県に於いて郷社に加列され、同33年4月福井市の橋南大火により社殿類焼の後、同38年5月18日再建、現在の本殿は昭和3年、拝殿は同6年に再建された。福井市内で唯一、福井空襲、震災を免れた歴史ある神殿の神鈴に願いを託す人は跡をたたない。

昭和52年には、御創立1500年式年大祭が齋行され、稚児行列などの各種の奉祝行事が行われ、また平成元年、御社殿修改築事業に着手し八幡神社、恵比須神社、神楽殿の改築、境内整備事業を行う。

年中行事

歳旦祭 1月1日 午前5時より
十日えびす祭
(恵比須神社)
1月9、10日 福もちまき神事
左義長祭 1月15日 しめなわ、古神符の焚き上げ
黒龍厄除大祭 2月2日、3日(前直近の土日を含む3日間)
節分祭 2月3日
紀元祭 2月11日
鎮火祭 2月初午
祈年祭 3月20日 国家の繁栄と五穀豊穣を祈る
春の大祭 4月19、20日
龍神祭 5月20日
交通安全祈願祭 6月1日
大祓祭 6月30日、12月31日
夏祭 7月19、20日
秋の大祭 9月19、20日
商工祭 9月23日 福富くじ
七五三祭 11月中
恵比須祭 11月20日 えびす講
新嘗祭 11月23日 繁盛と収穫の感謝祭
除夜祭 12月31日
月次祭 毎月1日、15日

黒龍神社・西宮恵比須神社・石渡八幡神社で
行われた行事などを紹介しています。

Image Image Image Image Image Image 七五三祭 七五三祭 Image Image 十日えびす祭 十日えびす祭 商工祭 節分祭 節分祭 十日えびす祭 Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

画像はクリックで拡大、【次へ】で次の画像、【前へ】で前の画像になります。
「閉じる」または背景クリックで元の画面になります。

黒龍和の扁額(やわらぎ)

黒竜和の扁額(へんがく)

画像を拡大する

和龍(世界の平和)が神社拝殿の天井に奉納されました。
龍にはあらゆる運気をあげるパワーがあるといわれ、また黒龍山には湧き出るスポット「龍穴」により、ご祭神のお力はもとより、黒龍さまの大きな気(波動)をいただき一年の無事を願ってご参拝を!
この和の扁額は世界の平和、幸福、繁栄の思いを、画家の高橋聡氏により、絵画として作成されました。

「昭和天皇御製」御在位六十年記念碑

明治神宮名誉宮司 外山勝志「昭和天皇御製」御在位六十年記念碑

画像を拡大する

明治神宮名誉宮司 外山勝志 揮筆
「昭和天皇御製」御在位六十年記念碑

「昭和」という年号が歴代の中で最長の年号とされ、我が国は戦争、そして敗戦、復興の苦難の道を歩みつつ、今日の繁栄がもたらされ、さらに未来への飛躍が期待されています。当社現社殿は福井市内で焦土となった空襲、震災を免れた神社であります。
昭和天皇さまの御歌をご在位六十年を記念して、明治神宮外山名誉宮司様により御揮毫いただきました。

千五百年式年大祭碑

千五百年式年大祭碑

画像を拡大する

昭和52年9月、1500年大祭が催行された記念碑です。

厄割り石

さざれ石

画像を拡大する

境内にある厄割り石では、土でできた盃に息を吹きかけ、自分の中の厄を移します。そして、厄割り石めがけて投げ割ります。
割られた盃の破片が積み重なる光景は、人間の業の現われであり、またそれを浄化する黒龍宮の力の現われでもあります。

願かけ石

願かけ石

画像を拡大する

願い事を掛けて石を三度打ってください。
八幡宮前にあります「願かけ石」は今から千年前に九頭竜川へ落ちてきたものと伝えられ、村人が神社に奉納されたと伝えられています。

土鈴(どれい)

土鈴(どれい)

画像を拡大する

鈴にはその音にお祓いの力があると
信じられています。

神様のご加護のもと、毎日力強く、そして充実したものとしてください。

社紋

社紋 三ツ葉葵

三ツ葉葵

御神徳

毛谷黒龍神社(水の神様)

Image

黒龍大神様は、人間生活の根源である水を司られ、
すべての生存活動の上に広大無辺の御霊徳を垂れ給う越前総鎮護の神様として、各種職場の安全祈願、方除、地鎮祭、起工式、営業繁栄、さらに年毎に厄祓、商売繁盛、入試合格、学業成就、交通安全、病気平癒、縁結び、結婚式、子宝、安産、初宮、腹帯祈願、七五三祝祭、等々のご祈願、また四季を通じ水恩感謝、水の恵みを感謝する祭儀が行われ、各地より詣でる人が絶えないことはご神慮の広大無辺さに只々有難く真に恐懼に絶えない。
特に、厄祓・子授け・子育て・腹帯祈願・安産祈願にご利益があるとされている。

西宮恵比須神社(商売繁盛の神様)

福徳の守護神として崇敬されています。

石渡八幡神社(厄除けの神様)

開運厄除け・方除け・無病息災・交通安全

御神徳

国歌に詠まれているさざれ石

さざれ石

画像を拡大する

「古今和歌集」にある「我君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」と詠われ、「君が代」で知られる「さざれ石」は、小さな石灰質の作用によって固まったもので、細石と表記されている。細かい石が、やがて巨石となることにあやかって国と人の発展を願う歌詞はめでたいものであります。
明治14年の小学唱歌集には「君が代」が二番まであり、「君が代は ちよにやちよに さざれいしの 巌となりて こけのむすまで うごきなく 常磐かきはに かぎりもあらじ」「君が代は 千尋の底の さざれいしの鵜のゐる磯と あらはるるまで かぎりなき御代の栄を ほぎたてまつる」と詠われています。
さざれ石は境内 八幡宮ヨコにあります。ご参拝のおりには、ぜひ御覧ください。

幸運の撫で石

幸運と健康と富を運ぶ小龍(蛇)

幸運の撫で石

画像を拡大する

当神社には龍神が祀られて、昔から小龍(蛇)は神様の使いと伝えられる生きものです。
力強さの象徴であり、幸運と健康と豊穣を運ぶ小龍(蛇)とされています。

神社に関する歴史

毛谷黒龍神社々記、足羽社記、越前神社考、越前國名所記、越都細見集、歸雁記、越前地理便覧、片龍記、絵圖記、
名勝志、國主附記録、足羽山紀行、越前著聞集、越前國古今名躇考、持寶院記録

Image

画像を拡大する

Image

画像を拡大する

Image

画像を拡大する

アクセス

住所 福井県福井市毛矢3丁目8−1
電話 0776-36-7800
FAX 0776-36-2951
最寄の駅から 福井駅より車で10分 足羽山の東に鎮座。相生交差点から南
※お車の方は、足羽山登り口、相生交差点をトンネルに向かい足羽山登り口を左折30メートル参道入口
毛谷黒龍神社 鳥居
鳥居の右に「式内 毛谷黒龍神社」と書かれた社号標、左に「西宮恵比須神社」と書かれた社号標がある

毛谷黒龍神社〒918-8003 福井県福井市毛矢3丁目8-1 Tel:0776-36-7800