2011年10月 のアーカイブ

兵庫 西宮えびす神社へ

2011年10月27日 木曜日

10月27日(木)、今日は毛谷黒龍神社の総代さんと一緒に、

兵庫の西宮えびす神社の日帰り参拝旅行に行って参りました。

 

午前8時、毛谷黒龍神社を出発、当神社のプリウスで環境的に

も料金的にも?ECO&快適に「全国えびす神社の総本社」へ。

 

【到着後、手水をし、西宮神社社殿内で正式参拝】

阪神タイガースもシーズン前にここで必勝祈願!

 

授与所に詰められていた巫女さんに、正式参拝をお願いさせて

頂いたところ、急にもかかわらず、落ち着いた職員さんの対応の

もと、社務所応接室にご案内して頂きました。とても丁寧な対応

で、恐縮に思いつつ同じ神職として学ぶべきところと感じました。

 

応接室にて、西宮神社 吉井宮司様より貴重なお話を拝聴し、

いよいよ正式参拝へ。今回は、総代さんに玉串拝礼をして頂きま

した。鎮まりかえった殿内、正面にて御神座と相向かい玉串を

正面の案(あん=神様にお供え物をするための机)に御供えし、

二拝二拍手一拝の総代様の作法に合わせ、私たちも共に列拝。

 

【正式参拝後、職員様が社殿や境内の要所について説明をして頂きました。】

 

【テレビで見たその年一番の福男を決める西宮神社十日えびす祭開門神事の朱門を発見!!】

 

【早速、総代さん同士で記念撮影☆】

 

【開門神事スタート地点の表大門前。ここから神社社殿まで200㍍ほど。】

 

【社殿までの参道の第一カーブ!】

 

全国放送のニュースで見ているといつもこのあたりのカーブや

社殿前のスロープで折角トップに走っていた男性がコケたり、

境内の風景をカメラに収めつつ、「面白い!」的な感覚を気持ちの

中で楽しんでおりました。面白いという要素を福井の神社に、もっと

もっと取り入れたい、取り入れるべきだと感じることができました。

 

 

【昼食:日本盛の酒蔵通り煉瓦館】

日本の酒所として知られる西宮や神戸、日本盛さんの酒蔵通り

煉瓦館で総代さんと昼食をとりました。女性客が沢山おりました。

 

 

【店内は充実した施設、お土産に新鮮な酒粕を8箱購入しました。】

親戚と今回参加できなかった総代さん、又日頃お世話になっている

足羽神社の馬来田宮司さんと木田神社の金岡宮司さんに差し上げました。

 

うちのおばあちゃんが作った甘酒や粕汁もホント美味しいですよ!

 

 

今回の日帰り旅行で、これからの時代や参拝者が求めている気持ちに即した神社のあり方を

研鑚させて頂いたように想います。“神様の御前”で神主はあくまでも参拝者の仲執り持ち

という立場を心に置き、神主主体ではなく「参拝者が主体」の神社へと発展させていきたい。

 

お世話になりました西宮えびす神社様に心から感謝申し上げます。

本当に、有り難うございました。<(__)>

 

帰り阪神高速から新しく改修された甲子園球場をよそ見しつつ、福井へ・・。

阪神タイガースもうちょい頑張って欲しかったなー・・・次の監督頼みます!

 

 

 

 

 

 

 

 

七五三詣りの流れ

2011年10月19日 水曜日

10月半ば過ぎると七五三詣りの方が12月初め頃にかけて御祈祷に

来られます。大半の方は、(土)(日)にお参りされる方が最近の傾向

で、平日の日の良い日でも七五三詣りに来られる方が段々と増えて

きました。福井の方はもちろんの事、県外からお越しの方も増えています。

 

現代の世の中だからこそ、神社個別の特色や一生に一度へのこだわりを

求め実践される親御様が増えてきたからでしょう。「吟味する」「吟味できる」

力があることは、わびさびを知る日本の善いの文化の一つであると感じます。

又神社としてもそれをプラス思考で、善い意味で受け止めたいと思っております。

 

毛谷黒龍神社の七五三詣りは、受付で親御様とお子様のお名前、ご住所、を記入

して頂きます。この時、お連れの方のお名前とお歳と記入していただければ、祝詞で

一緒に神前へ読み上げさせて頂くのが当神社のスタイルです。

 

極力、七五三の場合、ご家族様一組ずつお子様に対してのお祓いを行う方法を

執っておりますので、一変にたくさん(数組)の方が来られると支えます。次の

御祈祷の方は10分程お待ちいただければ、お呼びすることができますので、境内で

記念撮影をしたり、隕石(願掛け石)やさかずき割りをしていただくこともできます。

七五三祈祷の数をこなすための神社ではないので、ご了承頂きたいと思います。

 

特別な御祈祷を行った後は、力御守り(小)をお授け致します。

 

【“力と知恵を授ける力御守り”赤と黒どちらかをお子様に選んで頂きます。】

焼き印の力(ちから)絵馬は、お祓いの終了後お子様にお願い事を書いて頂き、

絵馬掛けに奉納して頂きます。御守りと絵馬とともに、千歳飴とお下がり(玩具)をお渡し致します。

おもちゃもありますが、七五三詣で本来のしっかりとした御守りと千歳飴をお子様に差し上げます。

 

【隕石と伝わる願掛け石をたたいてみましょう!】

 

 

七五三のお祓いが終わり次第、境内の色々なところで思い出の写真をとって頂けます。

思い出のベストショット、忙しくなかったら神主さんが全国パワースポットの一つになった理由の場所を

ご案内することもできます。忙しくなかったらですが・・;(^^)

 

 

今日はアスリートとして・・・

2011年10月3日 月曜日

10月2日、私自身2回目となる福井マラソンに参加致しました。

 

今年は約8,000名強の県内外の方がエントリーされたそうです。

 

5㎞、10㎞、ハーフの3種目あり、私は4人一組5㎞団体のひとり

として出場させて頂きました。兵庫の姫路に住んでいた幼い頃、

姫路城城下マラソンや福井に引っ越してきてから小中高校と毎年

10位以内に入っていた実績と、剣道、水泳、陸上、野球をやって

いたんだというだいぶん昔の根性だけを引っ提げて、スタートラインに!

 

スタート地点付近では、ウォーミングアップをしている人や精神を

研ぎ澄ましている人、全体が異様な緊張感に包まれておりました。

 

【スタート直前、皆の緊張感MAXが伝わってきます。】

 

スタートから約700メートル地点、当毛谷黒龍神社の氏子地域の

毛矢町大通りを駆け抜けます。沿道には、神社の氏子さんや近所の

おばちゃん、ガソリンスタンドの店長が応援に立っており、ここを通り

過ぎるまでは気が抜けないところです。ですが・・30歳半ば、日頃の

運動不足が祟って7割の力で最初の1㎞を走れば段々心が折れ

そうになってきます。県内の神主さんたちのなかでも運動力に関

しては自信がある方ですが、持久力はやはり日頃から運動してい

ないと30代クラスで、覿面に差が表れることを痛感しました。2㎞

過ぎ、ここからはゴールまで、ほぼ自分との戦いになってきます。

 

5㎞は距離が短く感じる分、選手のペースがそこそこ速く、3㎞過

ぎてから延びていく人と脱落していく人の差があったように思います。

体力的なものが30歳越えると、やっぱり衰えてくるんですかね・・・;

 

ゴール地点の運動公園陸上競技場と県営体育館と県営球場の前

には、完走を終えてクールダウンをはかるも充実感の満ちた空気に

包まれておりました。神主さんというとお堅いイメージがありますが、

一般のマラソンに参加する庶民的思考の神主さんも黒龍神社ならでは。

 

ケガせず無事完走できました。タイムは昨年より1分程遅く(;.;)

30代5㎞878人中437位、明日から毎日筋トレしなくては・・・!

 

何にせよ、県民性をMyリフレッシュすることができたので良かったです。

 

 

マラソン終わり次第神社に戻り、10時の初宮参りを斎行・・。

 

この日は、日曜日ということで初宮や安産祈願、七五三詣での

お参りや力御守りの方が多く来られました。マラソンで走った性か、

気も充実し、100%前向きなパワーで御祈祷を行えた一日でした。

 

ナーバスな気持ちを吹き飛ばしたい時、黒龍神社のちょっとした境内の吉所(スポット)にいくと好いですよ!